浄水器アクアリーノ 放射能除去試験結果報告

浄水器プラス フリーダイヤル:0120-283-820 メールアドレス:info@jousuiki-plus.com
トピックス シーガルフォー浄水器 マルチピュア セントラル浄水器 お客様の声 施工事例
ホーム > アクアリーノ放射能除去試験結果報告

浄水器アクアリーノ 放射能除去試験結果報告

マルチピュアカートリッジ搭載・世界80カ国、650万世帯で愛用される浄水器

放射性物質も除去・マルチピュア浄水器カートリッジ

●ヨウ素(I-131)・セシウム(CS-134)・セシウム(CS-137)除去


浄水器アクアリーノのカートリッジを製造する米国・マルチピュア社の輸入元であるマルチピュアジャパン鰍ヘ、先の東日本大震災に伴う、原発事故で問題になった放射性汚染物質の除去可能であるかを確認するため、福島県飯舘村に赴き、表流水(川の水)を採取し、原水並びにマルチピュア浄水器でろ過した後のそれぞれを株式会社環境総合テクノスで放射性汚染物質の検査を行いました。

理論上除去可能であると考えられていた放射性物質ヨウ素-131(I-131)・セシウム134(Cs-134)・セシウム137(Cs-137)の除去に対してマルチピュア社の浄水器カートリッジは有効であるとの除去試験結果を得ることが出来ました。

平成23年4月16日に飯舘村長泥で川の水を採水し大阪の環境総合テクノスで試験を行いました。添付のテスト結果の左側のレポートが原水の放射性物質の濃度です。下記のレポートがマルチピュア通水後の処理水の濃度です。

原水には、ヨウ素-131:19.8±3.80ベクレル、セシウム-134:17.5±3.23ベクレル、セシウム-137:21.1±3.18ベクレルが含まれていました。その原水をマルチピュア浄水器で浄化後は、はND(Not Detected)不検出という結果が得られました。

詳細は、下記の通りとなります。

試験結果

●試料名:原水【福島県飯舘村長泥・表流水(川の水)】
分析項目 放射能濃度(Bq/L) 検出下限値濃度(Bq/L)
ヨウ素-131   (I-131)  19.8 ± 3.80      9.53
セシウム-134 (CS-134)
 17.5 ± 3.23      8.09
セシウム-137 (CS-137)
 21.1 ± 3.18      5.85

※NDは検出下限値未満であることを示す。

●試料名:マルチピュア浄水器処理水
分析項目 放射能濃度(Bq/L) 検出下限値濃度(Bq/L)
ヨウ素(I-131)    ND ±      8.65
セシウム(CS-134)
   ND ±      6.84
セシウム(CS-137)
   ND ±      6.89

※NDは検出下限値未満であることを示す。

放射性物質除去データ分析結果報告書
ろ過前データ
放射性物質除去データ 分析結果報告書
ろ過後データ
 

《放射性物質除去データ分析結果報告書》 ※クリックでPDFにて閲覧できます。

採水対象

平成23年4月16日 福島県飯舘村長泥の表流水(川の水)を採取。

対象カートリッジ:マルチピュア浄水器カートリッジ。

試験方法

採水後に(株)環境総合テクノスに持込み、採取した原水および浄化水の測定を依頼した。
平成14年3月厚生労働省医薬局食品保健部監視安全課の「緊急時における食品の放射線測定マニュアル」に準ずるγ線スペクトロメーターによる核種測定。
サンプル調整については、文部科学省 環境試料採取法に準ずる。


[分析結果] 核種検査
[依頼者]   マルチピュアジャパン株式会社
[検査機関] 株式会社環境総合テクノス

浄水器専門店 浄水器プラス」は、ヒューバースジャパン株式会社が運営する、浄水器と電解還元水生成器のオンラインショッピングサイトです。

ヒューバースジャパン株式会社

住所:〒130-0012 東京都墨田区太平3-3-12アドバンスビル6F
フリーダイヤル:0120-283-820
TEL:03-5819-3820 FAX:03-5819-3640
メール:info@jousuiki-plus.com

info@jousuiki-plus.com