NSF認証マルチピュア浄水器

浄水器プラス フリーダイヤル:0120-283-820 メールアドレス:info@jousuiki-plus.com
トピックス シーガルフォー浄水器 マルチピュア セントラル浄水器 お客様の声 施工事例
ホーム > NSF認証マルチピュア浄水器

NSF認証浄水器マルチピュア

WHOやEPAからの依頼を受ける第3者機関NSF

NSFって何?

●EPAやWHOから依頼を受ける公衆衛生における第三者機関

NSFは、National Sanitation Foundation Internationalの略称で、食品及び飲料水、また空気、生活環境など公衆衛生分野における安全性の確保とリスク管理を行うことを目的として設立された国際的な第三者機関です。

行政、産業界、消費者の利害関係を調整し、世界中の人々が安心して暮らせる社会づくりのために公衆衛生分野に関するさまざまなサービスを提供しています。

そもそも1944年にミシガン大学の3名の教授によって当初大学内に設立された機関ですが、当時、米国内には食品や飲料水に係わる製品を対象とした安全基準は、州ごとに異なり、統一した国家規格は存在していませんでした。そこで教授達が合衆国の基準づくりをスタートさせたのがNSFの始まりです。

設立後60年以上を経た現在では、国際的な安全基準として欧州諸国を始めとする先進国の基準となっています。

活動内容

●公衆衛生における第三者機関


NSFのスタッフは、公的機関や企業で幅広い経験と実績を重ねたエンジニア、専門知識に精通した科学者、毒物学者、環境衛生学者などから構成され主な活動は以下のようなものです。

1・ 公衆衛生に対する安全性確保のための基準づくり

2・ 関連製品に対する安全性及び性能の試験実施と製品認証

3・ 行政、関連企業などへの公衆衛生に関する教育・研修の実施

NSFとWHO

●世界の飲用水の基準を作るNSF

NSFは、1996年にWHO(国連の世界保健機構)の協力機関として、世界の食品及び飲料水の基準づくりと安全性の確保の活動を始め、現在に至っています。

WHOでは、発展途上国の水質問題、飲料水に含まれる感染病の要因、水中の毒性のある化学物質や放射能からのリスクなどの多くの難題に取り組んでいます。

NSFでは、WHOの協力機関として、特に飲料水の安全確保のためのガイドラインの作成、水源汚染の対策、水と健康に関する啓蒙活動を担当し、国連と共に世界の国々に寄与しています。

NSFと浄水器

●公衆衛生における第三者機関


1968年には、のちの米国環境保護庁(EPA)からの依頼で米国の工業規格(ANSI)として家庭用の浄水器のための統一した安全性と性能の基準を作成しました。米国のみならず 欧州諸国の基準としても広く世界的に浸透しています。

さらにNSFは、この基準に基づき浄水器の安全性と性能の厳しい試験を行い、合格した浄水器に対してNSF認証を与えています。 現在では、浄水器のNSF認証は、浄水器の国際的な規格として浸透しています。

浄水器に関するNSFの基準。

  1. 浄水器の統一した性能基準の作成
  2. 浄水器の安全性と性能試験の実施
  3. 浄水器の安全性と性能に対する認証


浄水器専門店 浄水器プラス」は、ヒューバースジャパン株式会社が運営する、浄水器と電解還元水生成器のオンラインショッピングサイトです。

ヒューバースジャパン株式会社

住所:〒130-0012 東京都墨田区太平3-3-12アドバンスビル6F
フリーダイヤル:0120-283-820
TEL:03-5819-3820 FAX:03-5819-3640
メール:info@jousuiki-plus.com

info@jousuiki-plus.com